タイトル アドセンス

スポンサーリンク

海外の反応

スペイン、フランスも厳しい規制を実施 
新型ウイルス対策新型コロナウイルス感染拡大の「震央」となった欧州で、主要国のスペインとフランスが14日、イタリアに続いて緊急規制を実施すると発表した。

スペインではペドロ・サンチェス首相が14日、非常事態を宣言。日常不可欠な物資と薬品の買い物、仕事が目的の場合を除いて、市民が自宅から外出するのを禁止した。

美術館や博物館、文化施設、スポーツ施設も閉鎖される。レストランとカフェは、デリバリーでの営業のみ認められる可能性がある。

生活に重要な銀行やガソリンスタンドなどは営業を続ける。学校はすでに全国で休校となっている。

フランスも商店を閉鎖

フランスでは、カフェやレストラン、映画館、ナイトクラブに加え、多くの商店が15日から閉鎖される。

エドゥアール・フィリップ首相は、食料品店や薬局、銀行、たばこ店、ガソリンスタンドなど生活に重要な商店は営業を続けるとした。

フィリップ氏はまた、「感染拡大を遅らせる最善の方法は、人々が一定の距離を保つことだ」と述べ、特に街をまたぐ旅行を控えるよう呼びかけた。

さらに、「これは大事なことだ。私たちは今まで以上に厳密に、対策を実施しなくてはならない」と述べた。

 

海外の反応

【3月14日 AFP】スペイン当局は、新型コロナウイルスの新規感染者が13日から14日の間に1500人超増加したことを確認した。同国における感染者数は計5753人となり、欧州ではイタリアに次いで最多となった。

 同国では新型コロナウイルスの感染により、これまでに136人が死亡。ウイルスとの闘いに総力を結集するため、14日にも非常事態が宣言される見込みとなっている。(c)AFP