チェルシー, 海外の反応, 海外サッカー

トーマス・トゥヘルは、プレシーズン第3戦において、チェルシーがアーセナルに及ばなかった部分を分析した。

また、これからのシーズンで強さを発揮するためには、より多くの新戦力が必要だという考えがより強固なものになったと語った。アメリカ遠征を終えてイングランドに戻る直前のフロリダで、ヘッドコーチはチームが4-0の大敗を喫するのを目の当たりにしていた。プレシーズンマッチはあと1試合、金曜日にイタリアでウディネーゼと対戦する。トゥヘルはまず、この準備段階でのこの結果の重要性を説いた。

「リラックスしているとは言い難い。チェルシーは負けるべくして負けた。」

「心配なのは、この試合に対する肉体的、精神的なコミットメントのレベルが、我々よりもアーセナルの方がはるかに高かったということだ。アーセナルは、ここ数週間で最も強力な布陣で臨んできたと思う。プレミアリーグの試合で先発となるようなメンバーだった。」

「確かにチェルシーはベストの布陣ではなかった。これは考慮すべき点ではあるけど、ほんの一部であり、他の部分は懸念材料となる。」

「2週間後に準備が整っているとは保証できない。今日のアーセナルは、チェルシーがかなわないような疲労困憊のレベル、フィジカル、メンタル面でのコミットメントのレベルを示した。チェルシーの選手たちの多くは退団や他の選択肢を探しており、既にクラブを去った選手もいるため、そういったコミットメントが欠けている。今のところ、これは明らかだと思う。」

続き

バルセロナ, 海外の反応, 海外サッカー

バルセロナ、FWレヴァンドフスキの獲得合意を公式発表! 移籍金70億円で超大物を補強

バルセロナは16日、バイエルンからポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを獲得することで合意したと公式発表した。メディカルチェックで問題なければ、正式契約を締結する運びとなる。

2014年の夏にドルトムントからバイエルン入りしたレヴァンドフスキは、そこから8シーズンにわたって同クラブの主砲として活躍。通算375試合に出場して344ゴールを記録し、8度のブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグ制覇など多大な貢献を果たしてきた。

しかし、今年8月に34歳を迎えるスーパーストライカーは今夏、新たな挑戦を希望。バイエルンと2023年6月まで契約を残す中で移籍を望んだことで、その去就が大きな注目を集めてきた。

GOAL

イングランド, 海外の反応, 海外サッカー

得点力不足に悩むイングランドここ6時間で流れからのゴールが一つも無い事が話題に…

🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 England have now gone 6 hours without scoring from open play. 😬

#ENGHUN

Originally tweeted by Betfred (@Betfred) on 14/06/2022.

海外の反応, 海外サッカー

エムバペ、PSGと3年契約延長の裏…政府の政治的圧力、チーム監督選ぶ際の発言権も与えられる

パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エムバペ(23)が21日、ホームで行われたフランスリーグ最終節メス戦前に25年までの3年間の契約延長を正式発表した。

エムバペに関しては以前よりレアル・マドリード加入濃厚と伝えられ、先週、契約に関する全ての条件で双方が合意したと報じられていた。その内容は契約ボーナス1億3000万ユーロ(約175億5000万円)、超高額な年俸、そしてエムバペ側が肖像権を完全に管理するというものだった

しかしカタールとフランス政府による政治的圧力も交渉に影響し、さらにパリ・サンジェルマンからエムバペが希望するもの全てを与えられることになったため、最終的にRマドリードのフロレンティーノ・ペレス会長に断りを入れ、契約延長オファーを受け入れたという。

スペイン紙マルカは今回の契約延長により、エムバペがばく大な年俸を手にするだけでなく、チーム内で絶大な力が与えられ、クラブがスポーツディレクターや監督を選ぶ際に大きな発言権を持つことになると伝えている。

エムバペはメス戦前、契約延長を発表したホームスタジアムで「このクラブ、自分の街、パリに留まれて幸せだ。ベストを尽くし、君たちと一緒にこのクラブでたくさんのタイトルを獲得したい。皆にとても感謝している」と喜びを露わにしていた。
日刊スポーツ