マンチェスター・ユナイテッド, 海外の反応, 海外サッカー

マンU大激震! 選手11人が退団検討か…英メディア「監督に不満を感じている」

 マンチェスター・ユナイテッドでラルフ・ラングニック監督(63)への不信感から11人もの選手が退団を検討していると、英メディア「ギブ・ミー・スポーツ」が伝えている。

 昨年12月からチームを指揮するラングニック監督は3日のウルバーハンプトン戦に0―1で敗れ、就任後初黒星となった。同メディアによると「ユナイテッドの問題の深さが明らかになった。今では彼らの問題を詳細に説明するリポートが出てきた」とし「11人ものプレーヤーがチームを去りたいと主張している」という。

 すでに出場機会を求めて1月の移籍を志願しているフランス代表FWアントニー・マルシャルやイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドに加えて同メディアはFWジェシー・リンガード、MFドニー・ファンデべーク、DFエリック・バイリー、GKディーン・ヘンダーソンらの名前を列挙し「不満を感じている選手だ」と報じた。

 その理由について、同メディアは「(前監督の)オーレグンナー・スールシャールは〝お気に入り〟を持っていると非難された。現在ラングニックは同じ問題に直面している」と、ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドをはじめ主力メンバーを固定していることにイレブンは反発しており「一部の選手は失望している」という。

 そんな中、ラングニック監督も「ユナイテッドの楽屋を団結させるために戦っている」と話すなど、チーム内の雰囲気が良くないことを示唆していた。移籍金などもあって大量退団には至らないとみられているが、指揮官は不満を解消し、チーム一丸となって上位進出を果たせるだろうか。

全文

セリエA, 海外の反応, 海外サッカー

「ロナウドは退団せよ、彼が攻撃を混乱させる」ユーヴェ元会長がまた苦言

ユヴェントスの開幕戦でベンチスタートになったクリスティアーノ・ロナウド。

パヴェル・ネドヴェド副会長らは残留を明言しているが、ロナウド側がマンチェスター・シティに逆オファーをもちかけていたとも伝えられている。

そうしたなか、ユヴェントスで2006~2009年まで会長を務めたジョヴァンニ・ジッリ氏がロナウドに言及。『A Bola』によれば、こう述べたという。

ジョヴァンニ・ジッリ(ユヴェントス元会長)

「常に言ってきたが、ロナウドの獲得は過ちだった。

投資を回収するのは不可能だろうが、早く退団したほうが彼にとってもユーヴェにとってもいい。

パウロ・ディバラとの契約を更新して、ロナウドを売るのが、全ての関係者にとってベスト。

ただ、ロナウドのような選手があと7日で移籍できるとは思えない。だから、彼は残るだろう」

「ウディネーゼ戦でベンチだったように、監督が彼のベストな起用法を分かってくれればいい。

ロナウドはユーヴェの攻撃を混乱させる。彼がいなければ、組織で素晴らしいことができる」

同氏は以前にもユーヴェのロナウド獲得は間違いだったと語っている。

Qoly

クリスティアーノ・ロナウド, 海外の反応

これぞ真のスーパースター!C・ロナウドが“特別なファン”の要望に応える

 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのファンサービスが話題となっている。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。
 UEFAネーションズリーグ決勝ラウンドに臨むポルトガル代表に招集されたC・ロナウドは、5日に行われたスイスとの準決勝でハットトリックを決め、チームを決勝進出に導いた。
 9日にオランダとの決勝を控える中、トレーニングを終えたポルトガルはバスで練習場を出発しようとしていた。その際、C・ロナウドが「クリスティアーノ、僕にハグをして」と書かれた紙を持った少年に気付き、バスを止めさせた。
 ファンサービスや慈善活動に熱心なC・ロナウドは、その少年をバスに招き入れ、彼を抱きしめて写真をパシャリ。特別とも言えるファンサービスを行ったという。
 同メディアによると、11歳の少年は1歳のときから白血病を患っているとのこと。医療器具をつけていたことから何かの病気を患わっていることはわかったかもしれないが、C・ロナウドはそのことを知らず、一人のファンの願いを叶えてあげたようだ。
 また、この光景を見ていたチームメイトもにこやかな表情を浮かべていたという。