プレミアリーグ, リバプール, 海外の反応, 海外サッカー

「レヴァンドフスキ、努力がすごい」クロップ監督が“最高選手“に指名

これまでマインツ05、ボルシア・ドルトムント、そしてリヴァプールを率いてきたユルゲン・クロップ氏。
今回彼が『Bild』のインタビューで「これまで管理してきた中で最も素晴らしかった選手は?」と聞かれると、以下のように答えたという。

ユルゲン・クロップ
レヴィ(レヴァンドフスキ)のことを抜きにして語るのは、他の選手に対してフェアではないね。

彼が自分のポテンシャルから生み出したもの、今のような選手になるために自らを駆り立てた方法、それらは傑出しているよ。

もしあらゆる選手がレヴァンドフスキのような成長を遂げたとしたら、サッカーの世界は完全に狂ってしまう。

すべての選手がすべてのデュエルに勝ち、サイドバックはすべてのクロスを成功させ、中盤の選手は無敵の1対1を持ち、ウイングは正確なボールを蹴ることができるだろう。

レヴァンドフスキは今のようなゴールマシンになるために必要なすべてのステップを踏んできたんだ。

彼はあらゆる状況において何をすべきなのか正確に知っている。まるで完璧なマシーンのようだ。自分が素晴らしいコーチであるかのように見せてくれた彼や他の選手に、感謝を伝えたいよ」

ドルトムント時代には4シーズンで131試合に出場、通算74ゴールという結果を残し、リーグ優勝に貢献したレヴァンドフスキ。

バイエルン・ミュンヘンに移籍してからも常にゴールを量産しており、190試合で162得点というとてつもない記録を残している。
<Qoly>

海外の反応, 海外サッカー, 雑談

世界で最も権威あるサッカー個人賞バロンドール、2020年は新型コロナウイルスの影響で授与中止に

サッカー界の1年を締めくくるバロンドールだが、今年は中止となった。

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は傘下に置くレキップ・グループは20日、2020年のバロンドール授与の中止を発表した。

『フランス・フットボール』が主催する世界で最も権威のあるサッカー個人賞バロンドールだが、2020年の受賞者は誕生しないこととなった。レキップ・グループは授与中止の理由を、新型コロナウイルスの影響によって、フットボールの各大会が中止されたり、変則的になったりしたためと説明している。

「今年のような特異な1年を、通常のように扱うことはできないし、してはならない。多くの試合が中止となったか、いつもとは異なる条件のもとで行われたために、適正な価値を定めることが難しくなった。この決断は私たちにとっても喜ぶべきものではないが、賞の信頼性、正当性を守るものとなる」
GOAL