チェルシー, 海外の反応, 海外サッカー

トーマス・トゥヘルは、プレシーズン第3戦において、チェルシーがアーセナルに及ばなかった部分を分析した。

また、これからのシーズンで強さを発揮するためには、より多くの新戦力が必要だという考えがより強固なものになったと語った。アメリカ遠征を終えてイングランドに戻る直前のフロリダで、ヘッドコーチはチームが4-0の大敗を喫するのを目の当たりにしていた。プレシーズンマッチはあと1試合、金曜日にイタリアでウディネーゼと対戦する。トゥヘルはまず、この準備段階でのこの結果の重要性を説いた。

「リラックスしているとは言い難い。チェルシーは負けるべくして負けた。」

「心配なのは、この試合に対する肉体的、精神的なコミットメントのレベルが、我々よりもアーセナルの方がはるかに高かったということだ。アーセナルは、ここ数週間で最も強力な布陣で臨んできたと思う。プレミアリーグの試合で先発となるようなメンバーだった。」

「確かにチェルシーはベストの布陣ではなかった。これは考慮すべき点ではあるけど、ほんの一部であり、他の部分は懸念材料となる。」

「2週間後に準備が整っているとは保証できない。今日のアーセナルは、チェルシーがかなわないような疲労困憊のレベル、フィジカル、メンタル面でのコミットメントのレベルを示した。チェルシーの選手たちの多くは退団や他の選択肢を探しており、既にクラブを去った選手もいるため、そういったコミットメントが欠けている。今のところ、これは明らかだと思う。」

続き

チェルシー, 海外のサッカーファン, 海外の反応

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は選手の交代枠増加を望んでいるようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

26日に行われるプレミアリーグ第19節でアストン・ビラと対戦するチェルシー。しかし、チーム内ではFWロメル・ルカクやFWティモ・ヴェルナーを含む7選手の新型コロナウイルス(COVID-19)感染が報告され、MFハキム・ツィエクやDFトレヴォ・チャロバーなど負傷選手も複数いるため、トゥヘル監督はチーム運営に頭を抱えている。

そのなか、ドイツ人指揮官は試合に先駆けての会見で出場できる選手たちの負担を軽減する上でも交代枠増加の承認を求めた。

続きはこちらからWORLD超サッカー!