リオネル・メッシ, 海外の反応, 海外サッカー

メッシ、PSGファンからのブーイングに口を開く「一部との間に亀裂があった」

【欧州・海外サッカーニュース】リオネル・メッシは今夏にパリ・サンジェルマン(リーグ・アン)から退団してインテル・マイアミ(メジャーリーグ・サッカー)に新天地を求めた。

元パリ・サンジェルマン(PSG)のリオネル・メッシは、古巣ファンからブーイングを浴びたことについて口を開いた。

2021年夏にバルセロナから退団したメッシは、PSGに電撃移籍。キリアン・エンバペやネイマールとともにチームを牽引し、公式戦75試合で32ゴール35アシストを記録した。しかし今季後半戦は、チームのチャンピオンズリーグ敗退に加えてサウジアラビアへの無断渡航で謹慎処分を受けると、一部ファンからは毎試合ブーイングを浴びている。

PSG在籍時にはこれらのブーイングに対して口を開くことのなかったメッシだが、今夏にインテル・マイアミに新天地を移すことが決まった後、古巣ファンとの関係性について『beIN SPORTS』のインタビューで語った。

GOAL

メッシ