“今プレミアリーグで最も熱いダービー”ノースロンドンダービーはスパーズとガナーズがポイントを分け合う―海外の反応―

01/10/2019

(スパーズ)
・間違いなくエンターテイメントなゲーム、例えこのゲームが俺の寿命を1年縮めたとしてもね


Re.(スパーズ)
試合前は始まるのが待ち遠しいし、試合中は終わってくれるのが待ち遠しい

(チェルシー)
・すげえ試合、マジで楽しんださ、それからこの試合結果はチェルシーファンにとって悪かないってのもあるね


・グエンドゥジ最高だったな
彼ジャカの仕事をジャカ以上に巧くこなせるみたいだ
彼、トレイラ、セバージョスの中盤はイケテルと思うよ


(スパーズ)
・なんでセバージョス先発じゃなかった?
俺は嬉しいが、ベンチに座っている奴を見て動揺しちまった


(マン・シティ)
・セバージョスって本当良い選手に見えるな
出場するや否やゲームにインパクトを与えた
ペペ?ひっでえゲーム


(アーセナル)
・試合途中で下げられちまうラカゼットを見るのは俺の好みじゃない
でもムヒは自分がやれる全力を尽くしたね
バックラインを整理する必要があるし、ジャカは絶対に俺達の中盤の答えじゃない


・ジャカは事件だ
なんであいつがイエローカードを貰っちまうまでに92分もかかっちまったんだ?


・ジャカは道化
この試合には言葉が出ないわ


(マン・ユナイテッド)
・セバージョスが先発すべきだった、ジャカは道化


・ムヒタリアンはムスタフィ級に酷かった


・ジャカは5つはイエローカードを貰うべきだったぞ、最後10分までに1枚すら貰えなかったのは驚き


・ソクラテスとジャカは本当ひでえ、でもこいつらが試合をえらく面白くした


(マン・ユナイテッド)
・ジャカにカードが出されるまで92分もかかるだなんて一体どうなってんだか


Re.(リバプール)
俺すでにあいつに一枚出てると思ってたからな、てっきりあいつは退場するもんだと…
ペナルティはもちろんイエローカードが出されるべきだったさ
その後の彼、何の躊躇も無くファールを繰り返し続けたけど


Re.(リバプール)
奴のこの試合での7度目のファールでもある


Re.Re.
ウケルw奴にカード出された時2枚目だと思ったわ
そうじゃなくて俺の目はまん丸になっちまったけど


Re.
アトキンソンひでえしな


・この試合で最も強烈な驚きだったのが、92分までイエローカードから逃れ続けたジャカだ


Re.(アーセナル)
7つだぜ、7つものfu*kingファールだぜ?

  
Re.
あいつのタックルはペナルティになるべきだったよ、イエローカードは最低限、だ


Re.Re.(アーセナル)
奴の悪運の強さに戦々恐々だわ
同情なのかもね
“ああああああ、なんてこの子はこんなに出来損ないなんだ……この子にもう一度だけ、もう一度だけチャンスを与えてみよう”
親が子供相手によくやるあれだよ
こいつ本当酷すぎる、ゲンナリだわ


Re.(ニューカッスル)
ジャカのプレー観る度毎度の事、奴が退場せず試合を終えるのを見てただただ感心するわ


・気づいた奴がいんだかどうか……でもムヒタリアンのプレー酷かった


Re.
この男の自信は欠落している
レイス入れても良かったしウィロックも…エジルだっていたはずだ
俺の頭を混乱させる交代


Re.(マン・シティ)
アーセナルがカウンター仕掛けんとした時、中盤で奴がしでかしたパス笑ったわ
文字通り、スパーズの選手の足元に真っすぐボールが転がってったな


Re.(アーセナル)
コメンテーターはアーセナルが落ち着きを失っているって言っていたが、それは大間違い
ムヒタリアンがただいつものプレーをしただけだ


Re.(レアル・マドリー)
奴のプレーのそのどれもがまるで危険さを伴ってなかった
ピッチで与えられた時間の中、彼は何もやっちゃいない


Re.(アーセナル)
ラカに代わってこいつが現れた時、俺すげえムカついたよ
ムヒは彼を経由する全ての攻撃を潰しちまってた
雑なプレーやらミスパスやらでさ
こいつを起用し続けるエメリがまるで解せない
こいつの自信は今やでかい穴が開いちまってる


(ナポリ)
・ムヒどんだけひでえんだ?
ドルトムントで爆発してた彼、でも今日俺が目撃していたのは一体誰だったんだ?


Re.(アーセナル)
少なくとも3度のしっかりとしたチャンスを潰している
サンチェスの酷いヘディングの後、こいつが見せた酷いボールタッチに唖然だわ


Re.(アーセナル)
なんでベンチからムヒタリアンが出てきたんだかさっぱり解せん
エジルだったりネルソンだったりが虎視眈々とベンチで目を光らせていたはずだ
文字通り、ムヒタリアンは何も仕事をやっちゃいない
ボールタッチ一つすらまともに出来なんだ


・なんでボールはシソコの所に転がっちまうんだよffs


Re.(ミラン)
奴には3つの肺があり、そして奴には自分が欲されている場所を嗅ぎつける嗅覚だってある
いくらかの悲劇だよ
奴の最大の強みは、奴最大の欠陥でもあるんだ


(レアル・マドリー)
・シソコがシュートを撃てない事は俺達全員が頷いているはずだ


(バルセロナ)
・アーセナルのプレス本当に気に入ったな、アーセナルから次々と襲い掛かるプレスの連続でシソコへとへとになっちまってた


(アーセナル)
・俺達にとって良い試合じゃなかった
俺達がカムバックを果たしたこと自体はみんなをハッピーにしただろう、そりゃ良い事だ
でも、俺達は2つの甘い失点を許した
一つはゾッとするようなディフィンスから、もう一つは俺達のキャプテンの不注意なタックルから(先週のルイス馬鹿げたシャツ引っ張りくらい悪い)
もっといい結果を手にすべきだったよ
俺達がかけ続けたプレス、俺達が勝つに相応しかった

ただ俺達は毎度の事スパーズが仕掛けてくるカウンターにかなり手を焼いていたな

ムヒは全ての自信を失っちまったようだ
何度かボールは彼の足元へと転がって行ったけど―特にサンチェスの酷いヘディングのボール―
ムヒはそれを攻撃に結びつける事が出来なんだ

エキサイティングなゲーム
これぞダービー
でも、俺達はもっと良いプレーが出来たはずだ、もっとうんと良いプレーがね

それから……グェンドゥジはガチでぶっ飛んでた!圧巻のパフォーマンス!


(アーセナル)
・試合を牛耳り続けた、俺でありゃそう言うね
2つの悲惨なミスがあり、スパーズは全くもってして相応しくない1ポイントを手にした
あいつらにゃ信じ難い程の運があったよ

前線の3枚は圧巻
素晴らしい運動量
ぺぺにはただただゴールが必要だ、しかしながらあいつは極めて良かった(フィニッシュ以外)

グェンドゥジも狂気の沙汰だったな、ジャカはどっかに捨てちまえ

・2つの馬鹿げた失点が俺達に敗戦を強いた
スパーズに比べてより優れたチームだったし、勝利を奪うべきだった
ただ、アーセナルの強さを確信させてくれるプレーも多く目にした
必要なのはいくつかの負債を取り除くだけだi.eジャカ、ムヒタリアン

・アーセナルは勝てた試合だったし、勝つべき試合だった
試合を通じて俺達はより良いチームだったが、特に後半戦だ
俺達はあいつらをフィジカル面、メンタル面、スキル面で支配した

ラカが怪我をし、トレイラが毎試合90分間持たない事を昨シーズン目撃している以上交代は必要だった
それに俺はセバージョスを先発で使うべきだったんじゃないかと思う
俺はジャカのパスとフィジカルをこよなく愛してこそはいるが、彼はこういった激しい試合においてあまりにもスロー、そしてあいつらの守備の薄いサイドを破壊する為の選手が誰かしら必要だった

ゆるやかな立ち上がり15分
ソクラテスとレノの最初の失点に至るミス、ジャカの馬鹿げたタックル
(もし、ボックスの外でありゃ俺はこれはすげえいいタックルだと思う)
が俺のこの試合で唯一、落第点を押すポイントだ


(アーセナル)
・セバージョスを10番の位置、グエンドゥジとトレイラと共にってのを見る必要がある
まぁ、現実に目にしちまうのはジャカだけどな


(リバプール)
・ジャカはまた一丁溜息を誘う出来
奴がカードを食らっちまうまでどうしてあそこまで時間がかかっちまったんだか皆目見当がつかんね
カードに関して言えば…
なんでウィンクスはソクラテス事件の後、もう一枚イエローカードを食らって退場にならなかった?
両者にカードが出されるべきだった
アリのダイブにもだ
コラシナツはチーム・アーセナルの全ての攻撃をスローダウンさせる以外に何をした?
これまでの所ぺぺには決定力って奴をまるで感じさせない
ボール扱いは頭抜けてんだけどさ
ラカゼットは一流


Re.(アーセナル)
なんでどいつもこいつもペペには決定力がまるでありゃしないだなんて言っちまうんだ?
いくつかのショットはミスしたさ
でもあいつアシスト記録しただろ
アシスト決めてる奴に決定力だなんてまるでありゃしないだなんて言わんぞ


・誰もがジャカの事を酷評する
トレイラのがより一層悪臭漂わせるプレーしちまってる時にな
目に見えて奴は何もやれちゃいない
試合は奴がベンチにすっこんじまった瞬間、動き始めた
ジャカ、彼自身はゴールを奪う為のチャンスをいくつかは演出していたさ


Re.(アーセナル)
俺なら存在感の薄かったトレイラですらジャカが演じ抜いた茶番よりマシだって言うね
何もしないってのは、不必要なペナルティを献上するってのより随分とマシだ

(アルゼンチン)
・概してすげえ試合

スパーズファン誰か俺の疑問について答えてくれないか?
デレ・アリはいつもこう……インパクトの小さな選手なのか?
昨シーズンと今シーズン、ずっとスパーズの試合を追っている
アリがファンタスティックなタレントだと感じるよ、彼に秘められているポテンシャルは目を見張るものがあるとね
でも、彼はただ……大きな仕事が出来ない…
試合の中でいくらか存在感を示せず、一貫してボールを前に運ぶ仕事にしくじり続ける
ワールドカップでのイングランド代表でも、彼には同じような印象を抱き続けた
ちょっと幼稚な意見かもしれないが
俺にとってラメラが去り、ろくにボールに触れる事が出来ないデレの登場でトッテナムの攻撃が死んだ

デレを嫌っているとかそういう事じゃないんだ
単純な興味だよ
彼が産まれ持って恵まれたスキルは、時としてフットボールのゲームには取るに足らないスキルに感じられる
それとも俺何か見逃しちまってるか?


Re.(スパーズ)
この試合ってあいつの怪我復帰後の初戦だしな
あいつのプレーかなり錆びついていたよ
過去にはあいつのプレーが俺達を勝利に導いた事もある
でも、俺にはここ7-8か月、あいつがスランプに陥ってるようにもかなり感じられる

スパーズの場合、チーム自体も今変遷期だもんな
15節かそこらシーズンが進むまで、俺は彼のプレーの良し悪しを判断するのを待つつもりだ


Re.
スパーズファンって訳じゃ無いが、俺が観る限りあいつ魔法の1シーズンを過ごしただけって感じだな
ストーリーに劇的な変化が訪れる可能性も大いにあり得るけどね
でもここ18ヶ月間のアリは好印象とは程遠いプレーに終始している


(スパーズ)
・エンドンベレ不在が響いた
ロ・チェルソは交代で入ってから良さげに見えたな
シーズンが進むにつれ、彼に活躍の場が与えられる事を願っているよ


Re.(リバプール)
エリクセンとロ・チェルソが一緒にプレーする事はありそうなのか?
もし、そうならかなり期待が持てるな
あいつらの前線にデレ・アリが不必要となる
正味、今日にしたって俺一体ピッチ上でアリが一体何をしてたんだか、さっぱり思い出せんからな


Re.Re.
健康時のデレ・アリはトッテナムで屈指の決定力を備えたプレーヤー
巧みに操るショートパスの上手さによって、チームに素晴らしい流れを産む
それにゴールを嗅ぎつける能力だって備わっている
アリが素晴らしい可能性が秘められたまだ俄然若い選手だってみんな忘れているらしいね


Re.Re.Re.(スパーズ)
それに調子がいい時のアリは、ハイプレスの肝でもある


・スパーズの完全にひでえゲーム
俺達は2-0でのリードを奪い、俺達の素早いトランジションでアーセナルの奴等をロープ際に追い込んだ
しかしながら右fu*kingサイドバックでプレーしているサンチェスとローズのやらかしでアーセナルは息を吹き返しちまう
前半終了間際、47分のゴールでな
アーセナルの奴等の真っ青な顔はあのゴールで血色を取り戻し、後半戦あいつらに伸び伸びとプレーさせちまってた

ポチェの交代もまたひでえ
ルーカスにプレータイムを与えなかったってのは俺の脳をぶっ飛ばしちまう
最後10分間の全ての攻撃はカウンター
ソンのスピード頼みだ
ポチェの頭には何故ソンとフレッシュなルーカス・モウラを代え、奴のスピードで疲れ切ったアーセナルのディフィンス連中を焼き払ってやろうってアイデアが浮かばなかったんだ?

今日の俺達ならアーセナルから3ポイントを奪うのはちょろかったはずだ
あいつらは自分達のプレーを見ながら、自分達が1ポイント奪えたのは究極的にラッキーだったと考えりゃいい
この試合の結末はどちらのファンもハッピーには出来ないし、俺達は不完全燃焼のままインターナショナルブレークに突入ときたfml


Re.(アーセナル)
お前後半戦見なかったの?ゲームは前後半戦で成り立ってるって知ってるよね?


Re.Re.
もちろん見たよ

あんたらってプレッシャーの強度グッと上げてきたよね
でもアーセナルのゴールを除いて、後半戦最大のチャンスはケインのポストを叩いたショットだった
あれで試合は3-1になるべきだったし、ゲームオーバーになるはずだった
後半戦、数え切れぬカウンターを繰り出してやったさ
3vs3、4vs4、更に時としては俺達5でアーセナルが4の場面なんかをさ
シソコがしくじっちまった最後のチャンスだけでも見てくれ
ありゃ、後半戦あんたらが産み出したどんな流れのプレーよりも、すげえ流れだった

90分を通して、俺達の方が一層の事、危険な臭いを放ち続けるチームだったさ
試合を読み解く力が、とどのつまり後半戦の俺達のポイントを奪っちまった


Re.Re.Re.(アーセナル)
笑わせんなよ
試合を支配し続けていたのは俺達だし、お前らのゴールって俺達の2つのミスにつけ込んだだけだろ
ここでの1ポイントはお前らにとってただの奇跡だよ


Re.Re.Re.Re.
支配?
ポゼッションは同じ、シュートの数なんかもな
ゲームを通してずっとの事だけど、あんたらのチームにはミッドフィールドがおらず
俺達は繰り返し繰り返し素早いトランジションからのカウンターでお前らの事を叩き続けた
まったくもって止められやしなかったじゃないか
さっき言ったみたいに、25分間かそこらプレッシャーの強度を上げた時は上手くいってたが
試合最後の10分間、より強いゴールの臭いを漂わせていたのは俺達のチームだった
もし、あれがシソコじゃなく別の選手でありゃ、あんたら負けてたよ


・ケインはペナルティが与えられるべきだった
ケインがあんまりにも易々と崩れ落ちちまったとかは関係ない
選手を両手で押しちゃいけないって事実がそこにはあるだけだ
そんでファールすら与えられなんだ


・サンチェスを右サイドバックで起用したポチェが試合をぶっ潰しちまった
フェルトンゲンに対する頑固さと共にな
今シーズン彼の最初のゲームだったんだ

オーリエの気持ちを考えてみろよ
23mもした契約
ファーストチョイスの右サイドバックの選手(トリッピア)が去ったってのに
若きセンターバックのフォイスが右サイドバックで使われちまう
で、奴は怪我をした
そんで経験だなんてほぼ何もないウォーカー・ピータースが次に右サイドバックに抜擢される
そんで、奴も怪我だ
それでも尚、自分のポジションを築き上げる為のチャンスが訪れやしない
俺が想像するに、オーリエの性格の何かしらの部分をポチェは嫌ってるんだろうよ
そんで奴はなんとサンチェスを右サイドバックで起用…マジかよ…

加えて、とても頑固なポチェは2-0リード時、雲行きが怪しくなってきても何かしらの手を打たなんだ


Re.(ベンフィカ)
俺達はすでにウィンクス―シソコの中盤は、マン・シティ戦で高い位置からのプレス相手に良い結果を産まなかった事を目撃している
何故、ポチェッティーノが後半戦を通して、これらの選手を起用し続けたのか俺にはさっぱり分からんよ
両選手共に、限られたスペースでプレーする事を生業としちゃいない
ロ・チェルソはそこでのプレーに光るもんがあったけどね
サンチェス右サイドバック起用で、スパーズのプレーは悪化した
エリクセンがボールを持てなくなるや否や、チーム全体が及び腰となった
彼、本当にスパーズのキーパーソンだよ

(リバプール)
・スパーズ側からすりゃ、開幕してからのいくつかのゲームよりもしっくりくるゲームだったんだと思う
あいつらには、例えばソンが走り込めるようなスペースがかなりたくさんあった
それに中盤はスペースを見つけ出す事に関して、とてもいい仕事をしていた
しかしながら、あいつらには多くの決断力ってもんが欠けていた
例えばソン
ボールを持っている時に充分なキレが無く、パスすべきかシュート撃つべきか迷う場面が散見された

フォワードの決断力の欠如とミッドフィールドのか弱いプレッシャーがこの試合のアーセナルを蘇らせた
後半戦、アーセナルはいいスルーパスを通し始めた
大きなスペースを与えられたグエンドゥジはいいレンジでのパスが出せ、スパーズは何度か彼によって痛い目にあわされた
アーセナルは単純な決め事をやり続けたよ
一貫してサンチェスを狙うんだ、奴の足が疲れ、もげちまうまで淡々とね

アーセナルの前線の3枚は興味深い
右サイドバックにベジェリンが戻ってくれば、アーセナルの大きな助けになるはずだ
ペペが中に切れ込もうとし、ベジェリンが大外から駆け上がって来る
今現在、ペペが中に入りたがっているのはちょっと読みやすい
だから彼の周りにヘルプに行って、彼の為のスペースを作ってくれる人間が誰かしら必要だ


・試合についていくつか思った事

グエンドゥジがマンオブザマッチ
眩く光を放った
試合のあらゆる部分で
アーセナル陣内では良いディフィンス
中盤の位置でスパーズの攻撃を止める素晴らしいインターセプト
ゴールにつながるファンタスティックなアシスト
試合の間中、素晴らしいパスを散らし続けた
ボールポゼッションは落ち着いていて、ミッドフィールドと前線3枚をつなぐ架け橋になり続けた
ただただ目を見張るプレー
今日の彼は完璧だった

ペペは素晴らしい選手である片鱗を見せつけたのだと思う
ボールを持つ度に信じ難い程、危険な存在へと化け続けた
彼からボールを奪わんと襲い掛かるスパーズのディフィンダー連中がえらく無力に感じられた
しかしながら今日、決定力の部分はがっかりさせられたな
立て続けに2つの貧弱なショット
(一つは最低でも枠に飛ばすべきだったし、2つ目はそもそもパスすべきだった)
ただそれらが彼がいかに危険な存在であったが、そしてボール扱いの素晴らしさを霞ませるべきではない

セバージョスはまた素晴らしいショーを披露した
アナウンサーも言っていたように、試合に出てきてから彼は一度も間違ったプレーを選択しなかった
ゴールを奪わんとする取り組みの際には、圧巻のテクニックを見せつけた
素晴らしいドリブル、素晴らしいパス
それらがアーセナルをとてつもなく危険なチームへと創り上げていた

概して両チームともに1ポイントだけだった事には失意を隠せない
スパーズは2-0のリードを守り切れず、ガナーズは3つ目のゴールを奪えなかった
でも全てのファンはこの試合に感謝するだろう
見てて本当に楽しい試合だったし、ノースロンドンダービーに求められるクオリティを有していたからだ


(アーセナル)
・ノースロンドンダービーってのはエル・クラシコよりずっとずっとずーーーっと上だ
正直試合として
アーセナルvsスパーズはいつだってエンターテイメントに満ちている
高いクオリティだよ
世界のフットボールでも至高の試合の一つ、今に至るまで長い間ね
クオリティの面に関して、他国のダービーの追随を許さない
ノースロンドンダービーってのは傑出している